お知らせ

 

ようこそ こうのいけ幼稚園へ!

ようこそ こうのいけ幼稚園へ
  
子供たちが大好きな「いちょうの木」  幼稚園のシンボルツリー「ゆりのき」
自然いっぱいの中で、のびのび遊びます

  
  

楽しい遊びと 笑顔がいっぱいの幼稚園です。

笑顔あふれる先生です。
今年度も 愛情深く子どもたちを育みます。
 

こうのいけ幼稚園

日誌
12345
2019/06/18new

カレーパーティー

| by 年長さん
 園で育てて収穫したじゃがいも、玉葱、ズッキーニなどを食材にして、今日は楽しみにしていたカレーパーティーの日です。
 年長5歳児は、野菜洗いから調理、後片付けまでを担います。年少4歳児は、野菜洗いをして年長児の様子を見て応援です。

 朝の身支度が終わると、早速パーティーの準備です。三角巾とマスクを準備しました。
PTAのお母さん方のご協力をいただきました。

 

 
 ピーラーを使って皮むきをしたり、包丁を使って野菜を切ったりしました。玉葱が新鮮で、切っていくうちに目にしみて涙が出てくる子がいました。「家でも手伝ってるからできるよ。」と言う子がいました。また、指を『猫の手』にして野菜を切る時に恐る恐る挑戦していた子もいました。友達と交代でやっていくうちにだんだんとコツをつかんでいったようです。一つひとつの経験が自信になっていくようでした。

年少組も準備を整え、野菜洗いを頑張りました。



 洗った野菜を手伝いのお母さん方に「お願いします!」と、切っていただくことをお願いに行きました。


 肉や野菜を炒め始めます。
 


 水を入れて煮込みにはいりました。「美味しくなあれ。」とみんなで魔法のスパイスを投入です。


 野菜が柔らかくなったところへカレー粉を入れて、出来上がり!!カレーのいい匂いがしてきました。
さあ、みんなでいただきます。






「おいしぃーー!!」とよく味わっている子、すぐにお弁当箱のカレーがなくなっておかわりをする子、年長年少混合で食べるのが楽しくて会話が弾んでいる子等、どの子も笑顔でカレーを食していました。また、嫌いだった野菜が食べられるようになって喜んでいる子もいました。

鍋5個分のカレーが・・・。みんなのお腹の中に入りました!
とっても美味しかったですね。「ごちそうさまでした!」




 後片付けや掃除もカレーパーティーの一環として捉え、友達と力を合わせてやり遂げました。遊戯室の雑巾がけも楽しんで取り組んでいました。満足感と満腹感で気持ちもお腹もいっぱいになりました。
17:21 | 全体
2019/06/14new

PTAサークル活動(手芸サークル)

| by 園長
昨日と今日の二日間、PTAの手芸サークルの保護者が、自分でお気に入りのハーバリュウムを作り、親睦を深めていました。
 
 
ワイワイガヤガヤとおしゃべりを楽しんだり、時には真剣な表情で指先に神経を集中して静かになったりしていました。「楽しい!」「私の作品はどう?ちょっと見て!」「これで3個目。上手になってきたでしょ。」「次のはトイレに飾ろうかな。」と保護者の方々がいきいきと作品作りを楽しんでおられました。
毎日子育てが忙しく、自分の時間がなかなかもてない方もおられますよね。年に数回のサークル活動ですが、このちょっとした時間に自分をリフレッシュさせておられるように感じました。
 
 
素敵な作品ができましたね。保護者仲間もやっぱり素敵です。
 
保護者のハーバリュウム作りを見て、園児もドライフラワーを分けてもらい、真似て作っていました。
11:28 | 園長のつぶやき
2019/06/12

園外保育:須磨水族園その3

| by 年長さん
 亀楽園の次は、お弁当広場へ。
お腹がちょうど空いてきた頃だったのでしょう。「お弁当広場にいくよ。」と声をかけると、集まるのがとても早くてすぐに出発できました。

 おにぎりをいくつ食べたかな。鮭や唐揚げが入ったおにぎり、美味しかったですね。




 イルカのジャンプの高さに驚き、水しぶきを受けている子もいました。
 実は、園外保育の数日前にイルカショーでは、「水をかぶるかもしれないよ~。楽しみにね。」と話をしていました。観覧席に着くなり、子供たちは自ら雨合羽を着始めるほどで、期待感は高まっていたようです。しかし今年は、イルカたちのジャンプや入水が上手で、思ったよりも水がかからず逆に残念がる子もいましたが、何度も歓声をあげて楽しんでいました。
 トレーナーとイルカの信頼関係や、イルカのジャンプ、プレゼント運び、フープ回し、顔振りダンス、しっぽでバイバイ等、素晴らしい技の披露に見入っていました。



 次の日、部屋の好きなあそびで水族館を作っていた子供たちが、「イルカショーをする!」と言ってイルカやフープを作っていました。経験したことが遊びに繋がっていますね。
18:10 | 年長さん
2019/06/12

NEW! 園外保育:須磨水族園その2

| by 年長さん
 水族館の中に入り始めに見てきたのが大水槽。目の前に広がる水槽の景色、泳いでいる沢山の生き物たち。心を奪われて見入っていました。「大きい。」「あ、サメだ。」「うわー、こっちに来るよ。」歓喜の声はやみませんでした。



 色や形、動いている様子、生き物の名前を知る等、生き物との出会いは感動とともにいろいろなことを学ぶ機会にもなったようです。



 大水槽の次は、ペンギン館→ラッコ館→亀楽園に行きました。ペンギンが泳いでいる姿を初めて見た子もいたようです。陸で歩いている姿はよく見かけますが、泳ぎのスピード感と連帯感に圧倒されていました。首を右左に動かしてみるのが忙しかったです。


 ラッコは、飼育員さんが餌をあげていました。くるくると体を動かして泳いで餌を食べている姿に「かわいい!」の声が聞こえてきました。


 亀が亀の上に乗り上げていたり、一列に並んでいたり、予想以上の多さにびっくりしました。


 楽しみにしていたお弁当、イルカショーは次回にお届けしたいと思います。
16:23 | 年長さん
2019/06/12

NEW! 園外保育:須磨水族園その1

| by 年長さん
 保育室に掲示してあった、須磨水族園の生き物の写真や新聞を見ながら、園外保育の日を楽しみにしていました。
 当日は、天気にも恵まれ全員揃って出発することが出来ました。
 クラスの友達と大型バスに乗ると、気分が盛り上がってきているようでした。

  バスは、天神川幼稚園の友達(年長組21人のはな組)と一緒に行って楽しさが倍になりました。
 須磨に着いて、先に向かったのは海です。「これから見る魚や生き物は、広い海にすんでいる生き物なんだ。」と知ることが出来ました。
  
 朝の海は、日差しも風も心地よく、また海の色も深くて、とても美しかったです。遠くには船が行き交っていました。
 



 広い海を見て感動する子、波が押したり引いたりする様子に見入る子、色や形の様子を楽しみながら貝殻拾いをする子、砂浜を思い切り走る子、裸足になり砂の感触を味わっている子、それぞれに砂浜で遊びました。
 さあ、次は須磨水族園に行きますよ。この様子は次回にお届けしたいと思います。
15:36 | 年長さん
2019/06/07

NEW! 雨の日の遊び

| by 年長さん
 梅雨入りが近づいています。今日は雨、外遊びが出来ない日は遊戯室で体を動かして遊んでいます。

 巧技台を組み合わせて道を繋げた所は、両手足のバランス感覚を養い、踏み外さないように慎重に渡っています。舞台からマットへのジャンプは、勇気を持って両足で思い切り跳んで着地!クッションが力を吸収しているので、痛くないようです。


体を屈めてトンネルくぐりや、マットの坂道転がりを楽しんでいます。両手をついて膝をついて進んだり、体を丸めて転がり方を考えて遊んだりしています。

先生の持っているタンバリンに届くかな。ジャンプ!!

「はっけよーい、のこった!!」足腰を踏ん張って、腕の力で相手を押し出そうと勢いよく相撲を取っている姿が見られます。体の様々な部位を使って遊んでいます。
 雨の日も楽しみがいっぱいです!

 遊んだ後は、みんなで遊戯室の掃除をしました。これもまた「遊び」の一つになっているようです。
16:52 | 全体
2019/05/29

NEW! 玉葱の収穫

| by 年長さん
 年少組の時に植えた苗は小さくて細い苗だったのに、春になって日に日に大きくなっていきました。「先生、玉葱がすごく大きくなっているよ。」と、水やりをしながら生長の様子に気づき、収穫の日を待ち望んでいました。
 さあ、いよいよ収穫の日。「よいしょ、よいしょ。」と引っ張ってもしぶとい玉葱はなかなか抜けません。

 土全体に根が張っていました。玉葱の生長は見える所だけでなく、見えないところの根っこの部分も長く伸びていたんだと気づきがありました。「うんとこしょ、どっこいしょ。」と力と声と気持ちを合わせて大勢で一つの玉ねぎを引き抜く姿も見られました。

 見事に引き抜けた玉葱、「やったー!」「大きい!」等と歓声があがっていました。

 収穫後、束にして玉葱を吊るすことも経験しました。陰干ししてさらに甘さが増すといいね。

 子供たちが土づくりから食するまでを体験することができるようにと、『カレーパーティー』を計画しています。大切な食育の機会です。みんなで味わう時が今から楽しみです。
16:12 | 年長さん
2019/05/28

PTAサークル活動(3園交流)

| by 園長
PTAサークルの活動を紹介します。
昨年度末から始まった、PTAの3園交流です。天神川幼稚園とおぎの幼稚園、そして、こうのいけ幼稚園のPTAサークルが体を動かして楽しく親睦を深めています。
今日行われた交流の『ドッヂボール大会』を見に行ってきました。
昨年度は、なかなか勝てなかったようで、今回は『絶対に勝つ!』と気合を入れ、前日に作戦会議も開かれていました。

会場を覗くと、大いに盛り上がっていました。試合途中だったにもかかわらず、保護者から「園長先生も入って!」と嬉しいお誘いをいただきました。ありがとうございます!(残念ながら上靴を持っておらず、参加はできませんでした。)
通常のドッヂボールの試合だけでなく、ボールを2個同時に使ったドッヂボールの試合も行われていました。前から後ろからボールがとんできて、かなりの運動量!運動音痴の私には絶対無理ですが、とても楽しそうでした。
 
 
 
どの園の保護者も、いきいきとされ、汗をかきながら笑顔があふれていました。
地域の保護者の方々がつながっていくことをとてもうれしく思います。これからも保護者仲間を広げていってくださいね。
12:47 | 園長のつぶやき
2019/05/16

命の営みが感じられる園庭で

| by 園長
本園では、「愛、自然、主体性」を保育テーマとして、保育活動を行い、子供たちを育んでいます。
『命の営みが感じられる園庭』をめざし、平成29年度から園庭の自然環境を改善してきました。植物を出来る限り地植えにしたり、落ち葉も意図的に残しておいたり、雑草も遊びに必要ならわざわざ探して植えたり等と、少ない職員ではありますが、知恵と力とそして元気を合わせ、園庭を愛して手入れしてきました。子供たちにとって遊びが楽しく、豊かな経験と学びが得られる自然環境となるように頑張っています。今年度は『生き物が集う園庭』が目標です。
 
 
4月に「テントウムシがいたらいいね。どこかで探してきて園庭に放とうか。」と職員でつぶやいていたら、今日、子供たちが4匹も見付けていました。小さな生き物を捕まえて満足そうな様子で、「何を食べるかな?」「そうだ、アブラムシだ!」といいながら虫探しを続けていました。
園庭の自然環境を豊かにしてきたことで、生き物が自然と集まってきていることが実感でき、うれしくなりました。
これからも、子供たちが生き物と出会い命を感じられる園にしていきたいと思います。
テントウムシが幼稚園に居つくようになったらうれしいな。
11:14 | 園長のつぶやき
2019/05/13

イチゴ収穫

| by 年少さん
連休明け、イチゴが緑や白の実をたくさん付けていました。
ダンゴムシを探しながら、「早く赤くならないかな。」「食べたいなぁ。」と楽しみにしていた子供たち。
今日登園すると、きれいな赤色に変身していました!

葉っぱをそっと手でかき分けながら、「おいしそうなの、見つけた!」「あ、あっちにも!」と喜ぶ声があちこちから聞こえました。
 

「見つけたイチゴ、幼稚園のみんなの分はあるかな?」と声をかけると、子供たちは「数えてみよう!」とイチゴを並べ始めました。

「すみれ組は25人いるんだけど、さくら組さんは何人いるのかな?」「聞いてみよう!」
数えてみると、33個。「一人に一つ」には足りなかったので、大きな実を切ることにしました。

「うわぁ~、いいにおいがするなぁ。」「早く食べたいよなぁ!」
イチゴの甘い香りにうっとりする子もいました。

「さくら組さんどうぞ。」と、人数分を届けに行きました。
「すみれ組さん、ありがとう!」と年長組の友達にお礼を言われ、嬉しそうでした。
 
「イチゴの味がする!」「ちょっと酸っぱいけど、おいしい!」「もう一個食べたいなぁ。」「また、明日食べたいね。」「おひさまで早く赤くならんかな。」
ずっと楽しみにしていた分、5月の味覚を存分に味わうことができました。
夏野菜の栽培も始め、食べ物に関心が向いています。水やりなどの世話や、生長を観察することを通して、食べ物の大切さや収穫の喜びを味わってほしいと思います。
14:50 | 全体
12345